両備エネシス   お問い合わせ
HOMEガソリンスタンドガスHOTナビくるま販売求人情報会社情報
HOME >ガスHOTナビ  >オートガスについて >LPガス車とは

 

 




 ■厚生町LPガスステーション
 ■豊浜LPガスステーション
 ■LPガス車(オートガス車)とは

 ■環境に優しいLPガス車のご提案



【LPガス車(オートガス車)のご説明】


クリーンエネルギーの低公害車

LPガス自動車は、極めて環境にクリーンな車です。例えばディーゼル車に比べて窒素酸化物(NOx)*1の排出量は5分の1、浮遊粒子状物質(SPM)*2は検出限度以下です。発ガン性が指摘されるディーゼル排気微粒子(DEP)*3やアルデヒド、ベンゼンも含みませんし、炭化水素(HC)*4の排出量も微量です。

環境特性からみても、「低公害車4兄弟」と呼ばれる電気、メタノール、天然ガス、ハイブリッド車になんら遜色のあるものではありません。

また、LPガス自動車は排気ガスがクリーンであるだけでなく、エンジン音が静かで振動が少ない(ディーゼルエンジンと比較し4分の1の静かさであることが確認されています)という特性もあります。エンジン音が静かで振動が少ないことは運転者のストレスを軽減し、騒音問題の解決につながることから、運転者や消費者に大きなメリットをもたらすこととなります。



タクシー、貨物車、清掃車…多方面で活躍

現在日本でLPガス自動車は、約29万台が走っています。そのうちの約24万台(83%)がタクシーです。この数字はLPガス自動車が経済性、実用性に優れていることを何よりも実証しているものと言えます。

最近では経済性、実用性に加え、その環境特性が注目され、ディーゼル代替として貨物車への普及が進んでいます。貨物車・特殊車の合計では約25,000台ですが、この2年間で約4,000台増と急速な伸びを示しています。

地方自治体ではディーゼル代替として、LPガス自動車への切り替えが広がっています。
東京23区では約600台、横浜市では22台のLPガス清掃車が導入されています。千葉県船橋市ではすでに保有全清掃車をLPガス自動車に転換しました。その他、松本市、岐阜市、奈良市など全国的にLPガス自動車への転換が進んでいます。

大手宅配便企業でも積極的に導入しています。全国の生協では配送車の約4,000台が、ヤマト運輸では約2,000台、日本通運では約1,800台がLPガス自動車です。さらに、食品流通や新聞配送の分野でも普及が広がっています。また、騒音が少なく深夜の作業に適しているということから、道路作業車の分野での導入が増えてきています。LPガス自動車の静粛性が評価され、幼稚園の送迎用マイクロバスにも採用されるケースが増えています。


乗用車

トラック

特殊車(塵芥車)

軽貨物車

1. インフラが充実している。

天然ガスのスタンドが180ヵ所に対して、LPガス自動車のスタンドは1,900ヵ所と、圧倒的な差があります。電気自動車やメタノール自動車のスタンドは、わずかな数にとどまっています。(2002年3月現在)

2. 航続距離が長い。

LPガス自動車が1回の燃料補給で走れる距離は、ディーゼル自動車とほぼ同じで、長距離運転も可能です。

3. 経済的である。

車両価格は他の低公害車に比べ低価格。貨物車(トラック)クラスでは、天然ガス自動車はLPガス自動車の約1.5倍、商用車クラスで約2倍の車両価格です。

4. 選べる車種が豊富。

電気自動車やメタノール自動車とは比べるまでもなく、また天然ガス自動車に比べても圧倒的に車種が豊富です。

連絡先
豊浜ガス事業所 岡山市南区豊浜町11-46 TEL: 086-262-2125
水島営業所 倉敷市東塚6-2-1 TEL :086-455-7051
真庭営業所 真庭市富尾247-2 TEL :0867-42-5330





Copyright